1. 2学期をむかえて

2学期をむかえて

園長コラム

 2 学期の始業式は賑やかです。長い休みが明けて、幼稚園中が活気づきます。
子どもの口から先生や友達に聞いてもらいたいことがあふれだし、楽しかった思い出や「○○が出来た!!」という自慢話にもりあがります。ゆとりのある時間の中で伸びやかにすごしてきたのでしょう。

 ひとまわり大きくなった子ども達を迎えて、本日より2学期が始まります。
子どもは、夏の活動的な体験から一層積極的になって園生活を送っていくようになります。日常のなかで、自分の手で出来ることがますます増えていきます。大人の手を借りずに、子どもが自身で出来るということは「自由にふるまえる」範囲が広がり自信となります。これは、自己肯定感の一歩とも言える大切なことです。
 夏休み中に目を通しました全園児の個人成長記録(1学期)には、一人ひとりの成長の歩みがありました。特に、年長児の安定した成長ぶりに大きな共通性がありました。
生活習慣が自立し
○友達に教えてあげたり
○積極的に手伝うようになった
○気がついて動くようになった
(洋服の汚れを自分で気が付き、自分の判断で着替えていたり机が濡れていたら、先生にも言わず雑巾で拭いていたり・・)
○興味の幅が広がった ○挑戦する気持ちがでてきた。等

年少よりご家庭と園が協力し配慮を重ねてきたことが、子どもの姿に見てとれるのはとてもうれしいものです。
 2学期は大きな行事もあって活動が多領域に広がりはじめて取り組むことも増えてきます。
年長児は挑戦し、ますます自信と意欲をもっていくことでしょう。
年少児は、クラスの仲間と担任と共に安心して行えるようになっていきますし、年中児は友達と取り組む楽しさ・達成感を経験していくはずです。

 一層充実していく園生活のなかで、子どもの成長に深まりが感じられます。保護者の皆様には、行事のお手伝いをお願いすることが多い学期となります。
 どうぞ、ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。
 皆さんで、実り多い2 学期にして参りましょう!!

2012年9月 6日

< 2012.6.28  |  一覧へ戻る  |  2012.9.6 >

< 前ページ  |  一覧へ戻る  |  次ページ >

最近の画像

このページのトップへ

このページのトップへ