2019.9.27

担任コラム
 残暑が厳しかった9月ですが、徐々にコオロギや鈴虫の鳴き声も聞こえてくるようになり、少しずつ秋の気配が近づいてきました。夏休みを終えて一回り大きくなった子どもたち。室内遊びでも子ども同士での言葉のやり取りが増え、遊びも大きな木の板や机を使ってダイナミックに遊ぶことが多くなってきました。夏休みの経験が自信や達成感になり、幼稚園での生活に生かされているのだな、と感じます。
 
 来月の上旬は子どもたちも楽しみにしている運動会です。園庭に跳び箱や巧技台が出ていると「今日は運動会ごっこをやるの!?」と朝から楽しそうな子どもたち。学年によって取り組むことは異なりますが、どの子どもたちも積極的に取り組む姿が見られます。
 桃色さんのかけっこでは少しずつ長い距離を走りきる体力がついてきました。笛の合図を聞いてスタートを切る集中力や瞬発力も回数を重ねるごとに付いてきています。同じクラスの友達と競い合いながらゴールを目指す姿に、子どもたちの成長を感じました。
 藤色さんのリレーは「チームでバトンをつなぐ」という年長児だからこそできる競技です。最初はぎこちなかったバトンの受け渡しもどんどんと上手になり、スピードが上がって迫力が出てきました。勢い余って転んでしまっても、すぐに立ち上がってバトンを繋ごうとする姿勢はとても頼もしいです。勝ち負けに一喜一憂しながらも「次も勝つぞ」という気持ちや「次は負けないように頑張る」といった挑戦心が子どもたちを成長させています。
運動会当日は、保護者の方々の応援が子どもたちにとっての大きなパワーとなります。精一杯頑張る子どもたちに、惜しみない声援をどうぞ宜しくお願い致します。
 
 10月は運動会という大きな行事を終え、クラスとしてのまとまりや、一人一人の成長が感じられる月になることと思います。また一回りも二回りも大きくなった子どもたちと共に園外保育や参観日、音楽会などの行事も楽しみながら日々を有意義に過ごせますように努めていきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
 
大地組 坪井亜希子

2019年9月27日

< 中学生の職場体験によせて  |  一覧へ戻る  |  運動会に向けて >

< 前ページ  |  一覧へ戻る  |  次ページ >

最近の画像

このページのトップへ