2019.9.5

担任コラム
 夏休みのプレークラスはコアラクラスも含めると21日間ありました。
 夏休みに入ると間もなく梅雨が明けギラギラの太陽の下、園庭で水遊びをしました。
 綺麗に洗った砂場の道具や穴の開いたペットボトル、ジョーロが水遊びのおもちゃとして大活躍しました。友達同士の水のかけ合いっこや水を入れた鍋をかき混ぜおままごと、プールから出たり入ったり・・・と楽しみました。プレークラスならではの製作活動もしました。色ぬりや貼り紙をしてうちわやぶんぶんごま、カラフルめがねや風船おばけなどのおもちゃを作りお土産にするのも嬉しそうでした。
 さて、長い夏休みが明け二学期が始まります。プレールームの「帰りの会」のお楽しみのひとつが紙芝居。「今日の紙芝居」を選ぶのは藤色さんの役割です。
プレールームに来るとすぐに、「今日の紙芝居選んでもいいですか?」と予約をする子もいるほど、楽しみにしています。友達と相談をしながら決める子や、もう決めていました、と即決をする子と様々です。昨日も読んだ・・・ということもあるけれど毎日顔ぶれの違うプレールームだからこその情景です。30冊ほどある紙芝居ですが、セリフを覚えている子、「次はこうだよ」とこっそり友達に教える子も時折いる程、紙芝居の時間はみんなが集中して聞いています。
 二学期から新たに10冊の紙芝居を購入しました。しばらくは新しいものが人気になる事だと思いますが、きっと昔からある「お気に入りの紙芝居」を選ぶこともあるでしょうね。帰る間際にホッと落ち着ける楽しい時間を大切にしていきたいです
プレールーム  吉田 絵里子

2019年9月 5日

< 始業式  |  一覧へ戻る  |  中学生の職場体験によせて >

< 前ページ  |  一覧へ戻る  |  次ページ >

最近の画像

このページのトップへ

このページのトップへ