2020.1.8

担任コラム
 新年あけましておめでとうございます。お正月は晴れて気持ちの良い新年が迎えられました。冬休みは、それぞれのご家庭でゆっくりとした時間を過ごすことが出来たでしょうか。
冬休みのプレークラスにはたくさんの子どもたちが来てくれました。クリスマスにはクリスマス飾りを作ったり、クリスマスが過ぎるとお正月に向けたお正月飾りやコマを作ったり、「雪が降ったらよいのにな~」と言いながら雪だるまの飾りを作る子もいました。また、戸外は少し寒い日もありましたが、園庭で鬼ごっこやゲームをして楽しみ、賑やかな冬休みとなりました。
 
さて、普段のプレールームにも毎日たくさんの子どもが来てくれますが、その中には、プレールームが楽しみで仕方のない子、クラスとは違った環境で少し戸惑っている子、異年齢の子を見て緊張している子など、様々な子どもたちの姿があります、いろいろな感情を持った子どもたちが集まるプレールームでは、リラックスしてもらうために、毎回一つお話を読み聞かせする時間を設けています。これは、最初にお話を読むことで、それぞれのクラスから解き放たれてやってきた子どもたちの気持ちを落ち着かせ、集中力や団結力を高めてもらおうとするねらいがあります。お話をすることで、子どもたちは一気に集中し、真剣な眼差しでこちらに耳を傾けてくれます。お話の時間が好きな子のなかには、プレールームのお部屋に入ってくると、「今日はなに読むのー?」、「今日はこれがいいなー!」と目を輝かせて話しかけてくれます。長い一日の中で、少しでもプレールームに来て良かった、楽しかったと思ってもらえるような工夫をこれからも続けていこうと思います。
 
まだまだ寒い日が続きますが、子どもたちの体調を見ながら楽しい時間を過ごしていこうと思います。
 
加藤 未亜

2020年1月 8日

< 終業式  |  一覧へ戻る  |  新年明けましておめでとうございます >

< 前ページ  |  一覧へ戻る  |  次ページ >

最近の画像

このページのトップへ

このページのトップへ